S2000のリアバンパーカットについて!

よく走り屋のお兄ちゃん達は自分達でクルマを改造したりします。走り屋のお兄ちゃん達はクルマ好きなので知識もある人が多いので、自分達で結構いじっているのですが、走り屋のお兄ちゃん達のクルマでよくバンパーをカットしているクルマをみます。何故バンパーをカットするのか?疑問に思っていたので、今回はバンパーカットについて記事にしていきたいと思います。

そもそもなんでバンパーカットするのか?

そもそもなんでリアバンパーカットをするのか?ですが、自分もなんでだろ?と思って調べましたが、ちゃんと意味があってみなさん切ったりしていました。

リアバンパーをカットする意味とは?

基本的にバンパーカットでは[ダウンフォース]を増加する事はほとんど無いと思いますが、車を持ち上げる力=リフトを抑えることは可能です。

一番のメリットはリアバンパーによるパラシュート効果の低減でしょう。

フロントから流れてきた空気がリアバンパー内に溜まり、空気抵抗になるのを抑える事が出来れば、最高速や加速がかなり良くなります。

パラシュート効果を防ぐ為!

パラシュート効果とは?

リアバンパーは袋状になっている為、走行している時の風がバンパー内に溜まり、それがスピードを抑えてしまう効果をパラシュート効果と言います。

みなさんはよくアメリカとかのドラッグレースなどご覧になった事はないでしょうか?

物凄いスピードで車を走らせ、ブレーキだけでは止まらないので、パラシュートを開かせて風の力を利用して車を止めるあれです。

上記にも書きましたが、リアバンパーにも走行していると風が溜まり、その風が車のスピードを抑えてしまう効果です。

ですからリアバンパーをカットしたり穴を開けて風を逃しスピードを抑える効果をなくす訳です。

それ以外にもマフラーを社外品の物に変えてしまい、バンパーに当たってマフラーが付かないとかの原因でカットする事もありますが…

ダウンフォースとは?

みなさん車好きな方ならご存知だとは思いますが、先程最初の方に書いたダウンフォースの意味を載せておきますので、ご覧くださいね。

現代のレーシングカーでは、高速で走行しながらコーナーを曲がるため、ダウン(下向き)フォース(力)を得るように設計されている。

車が効率よく(高速で)曲がるためにはタイヤの摩擦力を大きくすればよい。極めて単純に表すと

摩擦力=摩擦係数×(タイヤを地面に押し付ける力)

であるが、規則によりタイヤの摩擦係数は全車両でほぼ同一であるため、グリップ力を高め、コーナリングパワー(CP)を稼ぐには、タイヤを地面に押し付ける力を増加させなければならない。しかし車体重量を増加させてこれを実現した場合は、カーブ走行中に慣性力と慣性モーメントが大きくなり不利な上、加減速も鈍くなるため、車体重量を増加させずにタイヤを地面に強く押し付ける必要があった。

そこでウイングを装着し空気の力で車体を下向きに押し付ける方法が考案された。

空力でタイヤを地面に強く押し付けても重量が増えたわけではないので、慣性は大きくならず車の機敏な動きを妨げることはない。

直線路においても高速走行時にはタイヤの路面追従性の低下が起こるが、適度なダウンフォースでタイヤを地面に押しつけることによりこれを防ぎ、操縦安定性の悪化やタイヤの空転、最悪の状況である「リフト」の発生を抑制することができる。

大きなウイングなどで強いダウンフォースを得られれば旋回時の速度を向上させることができるが、同時に誘導抗力(空気抵抗)も増すことになり直線走行時の最高速度や高速走行時の加速性能が犠牲になる。

車いじりでみなさんご存知のみんカラ

みなさんは車をご自身でいじる際に色々調べたりすると思います。

ここでは色々な方が色々な車種をいじった事を投稿しているサイト[みんカラ]をご紹介します。

かなり有名なサイトなのでみなさんご存知の事と思います。

当然S2000のリアバンパーを所有している方達がご自身で加工、カットしているのも掲載されてますので、これからご自身で加工、カットをしようとしている方がいらっしゃいましたら、ご参考にしてみてください。

みんカラでS2000のリアバンパーカットのサイトリンクは下記の通りです。

http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/1183483/car/906800/1654513/note.aspx

そもそもバンパーの意味とは?

以前の記事でも書きましたが、バンパーの意味を説明します。

自動車バンパーについて!

乗用車の場合は基本的にボディの前後に取り付けられる。素材は鉄、ポリプロピレン、FRP、カーボンファイバーなど多様な素材が用いられ、金属系の素材はメッキ、樹脂系の素材は塗装により表面を加工されていることが多い。

ボディを軽度の衝突から守るというのが本来の目的であったため1980年代前半まではボディから容易に取り外しが可能な金属製で棒状の形状をした物が一般的であったが、その後スタイリングや空気抵抗の低減を意識したデザインが激増し、1990年代にはほとんどが樹脂製となりボディと同色の塗装が程こされる、ライト類が埋め込まれる、ボディと一体化している等「軽度の衝突から守る」という目的にそぐわない形状が一般的となった。近年は歩行者を跳ねてしまった場合の安全対策も求められるようになった。

金属製タイプは強固で多少の衝突なら傷が付く程度で変形しなかったり、変形したとしても容易に板金修理が可能であったが、反面、場所によっては変形したバンパー本体がボディーに干渉し塗膜を傷つける事があった。そのためコーナー部に樹脂性のブロックを配置し干渉時の攻撃性を弱める工夫がされ、加えて昭和50年代半ば位から金属素材に復元性を持たせる事で対策を施した。

樹脂製のタイプは軽度の衝突でも割れたり、塗装が剥がれたりして容易に修理ができず、修理の際は丸ごと交換することが多かった。

特に初期に用いられたウレタンバンパーは軽度の接触の際にはその柔軟性を生かして復元出来るメリットがあったが表面の樹脂部に損傷が生じた場合、当時は修理できず廃棄となることが多くダストの処理が社会問題化した。

この為、樹脂素材の修理技術研究開発や交換等で廃棄された樹脂バンパーのリサイクルが試みられ、実用化に至っている。

日本国内と海外におけるバンパーの扱いの違い 編集
走行中や駐車場内での軽度の接触事故等でついた(つけた)バンパーの傷については、日本国内では他のボディ部位と同様に補修、補償の対象とする事が多い。だが、海外ではボディを守るという元来の目的通り、傷ついて当たり前のものとして放置される傾向がある。

ただし、これはあくまで一般論であり、高級車やスポーツカー等においてはこのかぎりではない。

「ヨーロッパでは『バンパーはぶつけてよいもの』という認識」と語られることがある。

これについて、イタリア在住の自動車評論家である大矢アキオは「地域による」としている。

具体的には、「パリ、ミラノ、フィレンツェのような大都市の混雑した地域では、縦列駐車の際に他車のバンパーに当てて止める光景を見かける」「しかし、パリの郊外部や地方都市など、スペースに余裕がある地区へ出るにつれて、バンパーを当てる習慣は見られなくなっていく」とのことである。

みなさん、ご自身でバンパーカットをする際は是非気をつけて、作業にあたってくださいね。

今回の記事は以上です。最後まで読んで頂きましてありがとうございます。前回の記事をまだ読んでいない方は是非とも読んでみてください。

S2000リアバンパーのはずし方について!