次期R36GT-Rのエンジンはハイブリッドシステムを採用なの?

前回の私の記事で次期R36GT-Rの予想価格の記事を書きましたが、記事投稿後にさらに調べていたら、なんでも次期R36GT-Rのエンジンはハイブリッドシステムになるのでは?とのネット記事を見つけたので、今回はそれについて書いていきますが、なにぶん予想やウワサレベルの話ばかりなので、「あら、そうなの」位の軽い感じで読んでください。

R36GT-Rはいつ頃発表するのか?

次期R36GT-Rはいつ頃発表するのか?とGT-R好きの人達は盛んに話されているかと思いますが、なんかクルマ雑誌とか見ていると2020年ではないかと書いてありましたね。(みなさん雑誌見たりして、ご存知かと思いますが…)

2020年は日本でオリンピックが開催される年でもあるので、ありえそうな話ですね。

なんでも海外の自動車メディアのmotoring社に日産オーストラリアでマネージングディレクターを務めているリチャード・エメリーさんと言う方がお話になった事がネットニュースに載っていましたので、内容をご紹介します。

日産オーストラリアのリチャードさんいわく「新型のGT-Rは今後数年以内の製品計画リストに載っておらず、少なくとも5年は登場しない可能性がある。」とmotoring社の取材を受けた時に話されているようです。

この記事が書かれたのが2015年でしたので、やはり2020年以降になると予想されます。

ただ、この話と言うのは他の国の日産、もちろん日本の日産からも出ている話では無いらしくて、実際のところはわからないそうです。

あとは社長のカルロス・ゴーンさんがどう考えているのかですね。

次期R36GT-Rの予想デザインが何個か出ている。

なんだか次期R36GT-Rの予想デザインが何個か出ていましたので、ご紹介していきます。

まずはこちらから。

こちらは2015年6月に英国で公開された「コンセプト2020ビジョン グランツーリスモ」

大人気ゲームの「グランツーリスモ6」向けに将来のスポーツカーのデザインの方向性のヒントを与えるモデルらしい…

前回の私の記事でも書きましたが、このデザインを取り入れるんですかね?

私はこのデザインはダサいと思っています。(あくまで個人的意見です。)

上記の画像はResponseが予想したデザイン画像です。私は先程のコンセプトカーよりはこちらの方が好きですが、みなさんはどう思われますか?

*どちらかと言えばですよ…

上記の画像が海外の自動車メディアの予想デザインらしいです。私は英語がわからんので、何書いてあるかわからないのですが、R36GT-Rと書いてあるのはわかったので、そう言う事だろうと勝手に解釈しました。

すいません…

上記の画像も海外メディアの予想デザイン。もういっぱいあってわけわからん。

みんなでばんばん予想してみようみたいな感じ。でも、今までの中では私はこれが1番好きです。

次期R36GT-Rはガソリン+モーター?

次期R36GT-Rはガソリン+モーターのハイブリッドシステム化がどの自動車メディアでも予想されています。

ホンダのNSXみたいな感じ?

ガソリンエンジンにモーター3つで600〜700馬力だの言われています。

かなりのモンスターマシンになりそうですね。

価格も1000万以上するだの2000万位するだのと言われています。

コンセプトカーでは、ミラーレス(サイドに小さなカメラがついていて、それがミラーがわりになる。)

当たり前ですが、ランプ類はオールLED、マフラーはセンター1本出し、リアにカーボン製のリアウイングなどなど装着してありますが、はたしてどうなるのてしょうか?

楽しみですね〜!

まとめ

次期R36GT-Rは先程も書きましたが、ガソリンエンジン+モーター3つのハイブリッドシステムになると予想している自動車メディアがほとんどでしたので、たぶんそうなると思われます。

なんだか現行のR35GT-Rニスモだと0〜400mが2.8秒らしいのですが、次期R36GT-Rはガソリンエンジンとハイブリッドシステムで馬力もあるらしいので、いったい何秒で走れるのか?なんてのも期待されているようです。

また次期R36GT-RのトランスミッションはホンダNSXみたいに多段化のDCTになるとも予想されているようです。

ちなみにNSXは9速DCTですが、次期R36GT-Rは何速になるのやら…

まだまだ謎の多いR36GT-Rですが、発表されるのを楽しみに待ちたいと思います。

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。

【予想】日産R36GT-Rの価格はいくら位になるだろうか?