【限定660台】ホンダS660無限RAの価格などについて調べてみたのですが正直微妙!

数少ない軽自動車のスポーツカーのホンダS660ですが、意外にもなかなか人気のある車種でして、結構街中でも見かけるかと思います。そんなS660ですが、2016年に無限から限定車が発売されましたのはご存知でしょうか?今回は2016年に販売されたS660無限RAの価格とRAだとこうなります的な事をご紹介していきます。

S660とは?

S660は1991年〜1996年に販売されていたホンダ ビートの後継機と言われていまして、S660は2015年の4月から販売されていまっす。
ビートから19年振りにホンダの軽スポーツカーが復活したので、当時ビートに乗っていた方などから支持が高い車です。
ビートの時と同様に駆動方式もミッドシップエンジン、後輪駆動をS660でも採用されています。
軽スポーツカーですが、2シーターオープンクーペの楽しい車で、おじさん達から結構人気のある車ですよ〜と。

上記の画像がホンダビート。↑

意外と前は海沿い(湘南のあたり)をオープンにして走ってるおじさんをよく見かけましたよ。(前は仕事で海沿いによく行っていたので。)

無限とは?

これは以前僕のブログでも書きましたが、無限はホンダ車用アフターパーツの製造、販売、レース用エンジンの開発、製造をしている企業です。会社名は無限ではなく「株式会社M-TEC」と言うのが正式名称だす。

ちなみにホンダの資本は入っていないそうなので、ホンダとは全くの別会社になります。

なんでもホンダ創業者の本田宗一郎氏が「親族は自社に入れない。」と言っていたそうで、長男の本田博俊さんが1973年に自身で「株式会社無限」を設立したそうです。

2004年に今の株式会社M-TECに譲渡されたのですが、「無限」の名称を引き続き使われています。

だからM-TECと聞くより、無限と聞く方がみなさん「ピン」とくると思います。

ホンダディーラーで車のパーツカタログを見ても無限の名称で明記してありますよね。

こんな感じで↓

S660と限定車のS660無限RAのスペック比較。

ではS660と限定車のS660無限RAのスペックの違いを調べてみたいと思います。

全長
3395mm
全幅
1475mm
全高
1180mm
ホイールベース
2285mm
乗車定員
2名
最高出力
64ps(47kw)/6000rpm
最大トルク
10.6kg・m(104N・m)2600rpm

調べた結果はほぼ一緒でしたよ!(細かい部分は違うのかも知れませんが…)
では、何が違うのか?ですが、まずはフロントグリルが違うようです。(S660無限RA専用グリルになる。)↓

定番の専用エンブレムがつく。↓

ビルシュタイン社製の車高調整式サスペンション。↓

高い排気効率と心地よいスポーツサウンドを両立させたスポーツサイレンサーを搭載したマフラーが装備されてるようです。↓

無限が基本設計しているBBS社製のアルミホイール。↓

車内はシート、ステアリング、インパネなんかが、こんな感じになっとりますわ。

ホンダはスポーツ仕様になると赤を基調にしますわな!

S660とS660無限RAの価格差

ではS660とS660無限RAの価格差について調べてみたいと思います。

S660は1番安いグレードで新車価格が¥198万〜ですが、対してS660無限RAになると¥289万〜になります。

約¥90万違うのですが、アルミホイール、マフラー、車高調などなどがついてるS660無限RAの方が断然お得だとは思います。

ただこのS660無限RAが限定販売されたのが2016年ですし、台数も660台 しかないので、中古車で探すしかないのが現状。

中古車で探すとしても、中古車市場ですから、価格がどうなっているかと考えますよね?

意外と限定車は人気車種とかになると投機目的で価格が高くなる事もあるので…

そこでS660無限RAの中古車が出回っているのか?と中古車価格を調べてみたいと思います。

中古車情報サイトを調べてみた結果ですが、早速ありました。
僕が見た中古車情報サイトでは7台掲載されてました。

販売から3年経ちますが、意外と価格も安くも無く高くも無く、まぁ〜こんなもんですかね?と納得できる価格の物がほとんどでした。
(と言うか限定車の割には中古車価格が落ち着いてるような…あんま人気ないのか?)

中古車情報サイトを御覧になりたい方は下記にペタっとしておきますので、そちらから御覧になってみてください。↓
【カーセンサー】S660無限RAの中古車情報!

まとめ

今回から限定車のホンダS660無限RAについて書いていきましたがどないでしたか?

限定660台しか販売されていない車ですから、希少価値はあるかと思いますが、もう中古で購入するしかなくなるのですが、いかんせん価格が¥250万前後になるので、なかなか手は出しづらいと僕は思います。

はたして¥250万前後も出して欲しいかと僕がもし問われたら、即答で「要らない」になります。

またライバル車にもなるダイハツのコペンなどもあるので、本当にホンダのスポーツカー好きか、もしくは昔ビートに乗っていて、また乗りたいとか考えてる人以外はなかなか購買意欲は湧かないのではないかなぁ〜と思いますが、みなさんはどう思われますか?

コペンで思い出しましたが、以前僕のブログでコペンの記事を書いた事があるので、ついでに読んでみてください。↓

ダイハツコペンセロの中古車の相場は?