ホンダCR–Vの内装とライバル車の内装を見比べてみよう!

昨年から新型CR-Vが発売されて、まだまだSUV人気が続いています。各社からSUV車が販売されていますが、今回はCR−Vの内装について書いてみたいと思います。車の内装はいつも運転する空間ですので、とても大切な部分です。現行型のCR−Vの内装はどんな風になっているのかを書いていきます。

現行型CR−Vの内装は?

僕がホンダディーラーで見た現行型CR−Vの内装の印象は『結構質感が良い!』と思いました。

僕が見たのはHYBRID EX masterpieceと言う上級モデルの物でしたが、シートもインパネ周りも良い感じでした。(僕的には茶色のレザーシートが気にくわなかったですが…)↓

ちなみに上級モデルのmasterpiece(ガソリン車、HYBRID車共)はレザーシートになり、EXは布地のシートになります。

*ハイブリッドは5人乗りの設定しかありません!

ちなみにインパネ周りはこんなです。↓

*引用元 ホンダ技研工業 CR-V

*上記の画像はガソリン車の方です。

ホンダ車の割にはかなり上品な感じです。
僕のホンダ車のイメージはなんかちゃっちいと言うかなんと言うか?(ホンダ車好きなんですけど、そんなイメージがあります。)

ライバル車の内装は?

ホンダにCR−VがあるようにマツダにはCX5、日産にはエクストレイル、トヨタにはRAV4などがあります。

ここでは他社の車の内装を見ていきたいと思います。
(CR−Vはここでははぶきます。)

マツダ CX-5

*引用元 マツダ CX5

マツダの車は内装の作りがものすごく上品!
外車のような作りで、ほんとに綺麗な作りです。
「これは売れる!」と言うのがよくわかる。
僕はマツダ車の外装は正直好きではありませんが、内装は素晴らしいと思っています。

マツダCX5のスペック

全長
4545mm
全幅
1840mm
全高
1690mm
排気量
1997cc
最高出力
115kw(156ps)/6000rpm
最大トルク
199N・m(20.3kgf・m)/4000rpm
ガソリンタンク容量
56ℓ
マツダCX5主要諸元

日産 エクストレイル

*引用元 日産自動車 Xトレイル

こちらは日産 Xトレイルの内装ですが、パッとみた印象は、どちらかと言うと若い人向け?と言う感じに僕には見える。
マツダのように大人の方が好みそうな感じでは無い気がするのですが、みなさんはどう思われますか?

日産 エクストレイルのスペック

全長
4590mm
全幅
1785mm
全高
1685mm
排気量
1997cc
最高出力
101kw(137ps)/5200rpm
最大トルク
200N・m(20.4kgf・m)/4400rpm
ガソリンタンク容量
65ℓ
日産Xトレイル主要諸元

トヨタ RAV4

*引用元 トヨタ自動車 RAV4

RAV4は販売されたばかりの車です。ですので内装も上質で、上手く作られているなぁ〜と言う印象!

トヨタ RAV4のスペック

全長
4610mm
全幅
1865mm
全高
1690mm
排気量
1986cc
最高出力
126kw(171ps)/6600rpm
最大トルク
207N・m(21.1kgf・m)/4800rpm
ガソリンタンク容量
55ℓ
トヨタRAV4主要諸元

まとめ

今回はCR–Vの内装とライバル車の内装を比較してみましたが、いかがでしたか?

各社人気車だけあって、上手く作られていると思いましたが、みなさんはどれがよかったですか?

内装だけなら僕はやはりマツダのCX5が一番好みでした。

メーカーはホンダが一番好きなんですが、内装の作りはマツダの方が好きですね。

みなさんそれぞれ好みがあると思うので、ご自分で実際にディーラー等に行って実車を乗って、内装の質感や使い勝手などを是非確認してみてください。

思わぬ発見が有るかもしれません。

『おっ、こんな所に物入れがあるぞ!とかここのボタンは押しずらいぞ!』などなど、いろんな所で気にいる、気に入らないが発見できるとおもいます。