【新型 】NSXのニュルブルクリンクでのタイムとライバル車。

今回の記事は新型NSXの走りについてです。新型NSXは見た目から速い車と想像できる程、カッコいい外観ですが、実際のところどうなの?と私自身知りたくなってしまったので、そこら辺のところを記事にしたいと思います。

新型NSXのニュルブルクリンク走行時のタイム!

以前responseと言うweb版の車サイトの記事で旧型の初代NSXと新型NSXが走行するといった記事がありましたので、ご紹介します。

初代ホンダNSXタイプRと新型NSXが、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェで走行したそうです!

初代NSXのスペックは、3.2リットルV型6気筒DOHCエンジンを搭載(初期型は3.0リットル)し、最高出力は280ps、最大トルクは31.0kgm でした。

対する新型は、3.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンにモーターを組み合わせた「スポーツハイブリッド SH-AWD」で、システム出力は最高出力581ps、最大トルク646Nm と大きな進化を遂げています。

旧型「NSX-R」は、2002年の「SUPERTEST」にて、8分9秒の記録を出していますが、あれから15年が経過し果たして「新型NSX」はどんな記録を出してくれるのだろうか?と言う企画のようです。

現在、「SUPERTEST」のニュルブルクリンク・レコードランキング

1位ポルシェ「918スパイダー」

2位フェラーリ「488GTB」

3位ポルシェ「911GT2 RS」となっている。

ちなみにニュルブルクリンクレコードランキング1位のポルシェ918スパイダーの画像がこちら

続いて2位のフェラーリ488GTBの画像がこちら

最後に3位のポルシェ911GT2 RSの画像がこちら

結果、新型NSXのタイムは7分36秒の24位で日産GT-Rと同じレコードとなったそうです。物足りない結果かもしれませんが、改良により大幅な軽量化が進めば、7分32秒のベスト10にはいれるのでは?と期待されています。4秒の差ですけど…正直言って4秒縮めるのってどうなんですかね。

私はただの一般人ですので、4秒の差を縮めるのにどれくらい大変なのか、もしくは大した差ではないのかわかりませんが、速さを競うのは大変なんすね!

新型NSXに乗ったレーシングドライバーの感想!

以前、車雑誌のCARトップの企画でプロレーシングドライバーの土屋圭市さんが新型NSXを峠、街乗り高速と運転してみた感想を話す企画がありましたが、その時に土屋圭市さんはこのように話してました。

「いいじゃん、これ!」

「フロントのグリップが凄いあるから、安心感がある」 と雑誌の企画時に話されていました。

また、 「この車は楽しい。何秒出たとかそう言うのじゃない!」 とも言っていました。

だけどスポーツカーと言うのは、誰しも何秒で走れるとか、スピード面でみなさん色々と話されてるんだと思いますが、実際のところは土屋圭市さんが言われた事が重要なんでしょうね。

自分の車で何秒で走れるとか気にかけて、車乗ってる人なんてレーシングドライバー位しかいないでしょうし、新型NSXを街乗りで乗って、そんなにスピード出したら危ないし、お巡りさんに捕まってしまいますからね。(笑)

ですからアクセルを開けて加速が始まる感じとかブレーキを踏んでブレーキが効きはじめる感じとかそう言った事が車の楽しさって事だと私は思いますけどね。

ならNSXじゃなくてもいいじゃんと言われるかも知れませんが…そうなんです。別にNSXじゃなくたって、自分が乗っていて楽しめたら、クルマの車種なんてなんだっていいんじゃないですかね。(極端ですが、軽トラだっていいんですよね。)
クルマは楽しく乗れたらそれでいいんだと思います。

まとめ

ニュルブルクリンクのタイムの事、プロレーシングドライバーの土屋圭市さんの意見、まぁ人それぞれ意見はあるので一概にこうだとか言えませんが、先程も書いたように誰がどうのこうのと言っているのは、所詮その人の考えです。結局はご自身でお金を出して、乗る訳ですからその人が「良いクルマだ。」「買って良かった。楽しい。」と思えたらそれでいいんだと思います。大変高額なクルマですから、当然慎重にとは思いますが…

ですので、クルマは楽しく乗りましょう!(何だ、この雑なくくり方は!)

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。まだ読んでなければ、前回の記事も読んでみてください。

【新型】NSXのオプションを5〜6個御紹介!