映画ワイルドスピードに登場したR34GT-R

みなさん突然ですが映画好きですよね?日本でも大人気になった映画【ワイルドスピード】って御覧になった事ありますか?あの映画は日本車が結構登場しているので、私は観ていて楽しいのですが…残念ですが亡くなったポールウォーカーさんが映画の中で乗っていたR34GT-R(レプリカと言われていますが)について記事にします。

映画を御覧になってない方の為にワイルドスピードの説明!

アメリカL.Aで深夜に若者達が大金を賭けてストリート・カーレースに熱狂している。ドミニク役(ヴィン・ディーゼル)は仲間達から一目置かれる天才ドライバー。

彼はレースを挑んでくる腕に自信のある連中達を相手に、1回のレースで1万ドルを稼ぎ出す。ある夜にブライアン役(ポール・ウォーカー)という新顔がやって来る。

彼もまたドミニクに負けない驚異のドライビングテクニックを披露して、ギャラリー達の注目を集めるのですが、彼は潜入調査をしている警察官。ブライアンは最近多発している高級品を積んだトラックが走行中に盗まれるという事件を追って、潜入捜査を行っていくと言うお話がこのシリーズのはじまり。

↑彼がドミニク役のヴィン・ディーゼルさん。男らしい感じでカッコいいおっさんですな。

↑こちらが交通事故で亡くなってしまいましたが、ブライアン役のポール・ウォーカーさん。

なんなんだ、この男前は。

ナンパしたら絶対成功するだろって位の男前ですね〜。

女子の目がハートになるのもわかる。

ワイルドスピードシリーズに出てくる日本車。

ここではシリーズに出てくる日本車を少しご紹介します。ワイルドスピードシリーズは数多くの日本車が登場しております。

ポールウォーカーさんが乗っていたGT-Rはあとでご紹介しますので、それ以外を見ていきましょう。

まずは三菱エクリプスです。

このクルマは1作目でポールウォーカーさんが乗られていたクルマです。

三菱車は個人的に嫌いなので全然知りませんが、調べたら、このクルマは北米市場で販売されていたようで、クライスラーと合弁会社《ダイヤモンドスターモーターズ》と言う会社を作り、そこから販売されていたようです。

出資比率が三菱の方が多く、またこのクルマのベース車は三菱ギャランだとか言う話です。

なんかギャランってひさびさに聞いたな…

昔、友達の親父さんが乗ってた。

懐かしい…

続いてこちら。

↑こちらはヴィン・ディーゼルさんがワイルドスピードの2作目で乗っていたRX-7。

カラーリングのクセがすげ〜!

正直言って、俺だったら恥ずかしくて乗れない…

後ろに写ってる白のピックアップの方がいいかも…

↑こちらもRX-7。

ハン・ルー役のサン・カンさんが乗っていたクルマ。

こんなにドリフトしてたら、こげくさいんだろ〜な〜!

はいっ次!

こちらは日産のS14型シルビア。↑

シルビアは本当にカッコいいクルマでした。

この時代の日産車はカッコいいのが結構あった。

でも、これもカラーリングよ。

あと個人的にはホイールも気に入らない。

こちらもS14型シルビア。↑

こちらはヴィン・ディーゼルさんの恋人レティ役のミシェル・ロドリゲスさんが使用していたクルマ。

ちなみにミシェルさんはこの人↓

見た感じですが「ウホッ」て感じで強そう…

つぎ〜

↑こちらはホンダS2000とスーキー役のデヴォン青木さん。

S2000もカッコいいクルマです。

「これぞ女子のクルマ」って感じのカラーリングですな〜!

つぎ〜

↑こちらはミア役のジョーダナ・ブリュースターさんが乗っていたホンダ・インテグラ。

こちらがジョーダナ・ブリュースターさん↓

綺麗な方ですね〜。

こんな人があのカラーリングのインテグラ?

映画のインテグラはさておき、インテグラもカッコいいクルマだった。

でも、この映画ってなんでみんなこんな気色悪いカラーリングなんだ?

つぎ〜

↑こちらはトヨタ・スープラ。

スープラは走り屋さん達から絶大な人気を誇ったクルマです。

先代のスープラもいいクルマでしたもんね!

つぎ〜

↑こちらはレオン役のジョニー・ストロングさんが乗っていたスカイラインGT-R BCNR33

よく言われるR33GT-Rです。

ちなみにレオン役のジョニー・ストロングさんはこの人↓

ん〜なんも言う事が思い浮かばないからつぎにいきましょう。

↑こちらはヴィンス役のマット・シュルツさんが使用していた日産セフィーロ。

セフィーロのステーションワゴンはいがいと好きだったなぁ〜!

マット・シュルツさんはこの人↓

なんかツッコミどころがありそうですが、めんどくさいから、つぎにいきましょう。

こちらのヴィトンの柄みたいなクルマは、ホンダNSX。

映画だとテズ役のリュダクリスさんが使用していたクルマ。

NSXは私が大好きなクルマです。

何故?NSXをこんな下品なカラーリングにすんなっ!

ホンダ好きの私には耐えられないっす。

リュダクリスさんはこの人↓

顔だけみると人良さそうな顔している人ですね。

↑こちらのクルマは三菱のランサーエボリューションVII。

よく「ランエボ」と呼ばれているクルマです。

ランエボは直線番長とかって聞きます。

直線は速いがコーナーは遅いと知り合いの走り屋さんが言ってましたが、実際はどうなんすかね?

まだ日本車は出てますが、この辺でやめておきます。

ポール・ウォーカーさんが使用していたGT-R?

ポール・ウォーカーさんが使用していたGT-Rですが、実はワイルドスピードの4作目のMAXで使用していたクルマがGT-Rではないらしいですね。実際はGT-Rに似せたスカイライン25GT-tだそうで、2作目で使用していたのが本当にR34GT-Rだそうです。

↑ちなみにこちらのクルマがGT-Rに似せたスカイライン25GT-t

しかしクルマによりかかってるだけですが、カッコいいですね〜!

こりゃモテるわ。

↑こちらがR34GT-R。

こっちは本当にGT-Rだそうですよ。

まとめ

今回はワイルドスピードに出てくる日本車やGT-Rについて書きましたが、今後このように日本で走り屋さん達が好んでいたクルマ達が日本から海外へ行ってしまう機会が増えていきます。

みなさんご存知かもしれませんが、アメリカの法律で25年ルールと言うのがあるそうで、アメリカで販売されていないクルマはアメリカの排ガスの検査や安全基準の検査に通っていない為、アメリカで販売されていない日本車を欲しいと日本から輸入したとしても乗る事ができないそうです。

でも製造から25年が経過していれば「クラシックカー」の扱いになるらしく、排ガスや安全基準の検査を受ける事なく輸入して、乗る事が可能になるそうです

2015年には日産のR32GT-Rが25年ルールから外れた為にアメリカで輸入が盛んになって、一時期R32GT-Rの中古車価格が高騰したそうですよ。

性能の良い日本車はアメリカでも人気がありますから当然ですよね。

私の姉もアメリカ人と結婚していまして、前に話を聞いたらホンダ車はかなり人気があるし、基本的に日本車は人気があると言っていました。

ちなみにアメリカだと数秒に1台のペースでクルマが盗まれると統計が出ているそうですので、日本車はかなり狙われているらしいです。

最近は日本でもクルマの窃盗が多いので、みなさんもクルマのセキュリティーは充分になさってください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回もよろしくお願いします。

R35GT-R nismoを購入したら納車までに何日かかるのか?