ロードスター NDのオススメ車高調は?

みなさんこんにちは!今回はロードスターのオススメ車高調は?について書きたいと思います。車高調は値段がはるので、なかなかつけない方も多く、車高下げるだけなら「ダウンサスでいいや」となると思います。見た目だけならそれでもいいと思いますが、車高調のメリット・デメリット、車高調のオススメブランド等ご紹介していきますので、是非ご覧になってください。

車高調とは?

そもそも車高調とは何?とご存知無い方の為に、車高調の説明から…車高調とは読んで字の如く「車高を調整できるサスペンション」の事です。

ダウンサスと何が違うのか?ですが、簡単に言えばダウンサスは純正のショックアブソーバーにバネだけを変えるのが「ダウンサス」です。ダウンサスは決まった下げ幅しか無い為、自分の好きな車高にならない事もある。上記の画像がダウンサス!

後でダウンサスと車高調のメリット・デメリットを記載します。

では、車高調は?と言いますと先程のダウンサスとは違い、ショックアブソーバー、バネを純正の物からまるまる交換して車高を下げるのが「車高調」です。また、車高調は自分の好きな車高まで調整が可能なので、気にいらなければ何度でも車高を下げる事ができる。

*ストローク長
車高調の場合はショックまるごと交換するため、ストローク長が変わらず(全長調整式の場合)ショック本来の性能を引き出すことができます。また、好みに合わせて減衰力の調整やスプリングの硬さが違うものに交換したりすることが出来ます。

それに対し、ダウンサスが純正のスプリングを短いものに交換するためショックのストロークが短くなりスプリングの長さによっては乗り心地が悪くなる恐れがあります。

車高を下げる事のメリット・デメリットは?

車高を下げるメリット・デメリットですが、まずメリットは?と言うと車高を下げる事により、空気抵抗が減る、空気で車体を下におしつける事によりタイヤのグリップ力が上がり、コーナーを曲がりやすくなる利点があります。あとは見た目が良くなる。(車高の下げ過ぎは逆にダサいが…)

デメリットは?と言うと車高を下げる事により路面から振動が伝わりやすく、乗り心地が悪くなる。車高を下げるとタイヤとボディの隙間がなくなり、悪路では当たる可能性がある。(よく車高を下げてる車が踏切を渡る際、踏切の進入時に斜めに進入しているのを見た事ないですか?あれは車高を下げている為、デコボコ道でバンパーが擦るのを最小限にとどめようと言うドライバーの涙ぐましい努力です。)

ダウンサスと車高調のメリット・デメリットは?

ダウンサスのメリットは?

・車高調に比べて安価で済む

・車高がある程度下げられる

・車高が下がる事により見た目が良くなる

ダウンサスのデメリットは?

・純正のショックアブソーバーとの組み合わせなので、バランスが悪く乗り心地が低下する事がほとんど

・車高が自分の好きな位置で決められない

・ショックアブソーバーの寿命がかなり縮む

車高調のメリットは?

・車高が好きな位置で固定できる

・減衰力が調整出来たり、スプリングレートを変えたりする事ができ、自分好みに変更することが可能

・車高が下がる事により見た目が良くなる

車高調のデメリットは?

・価格が高い

・車高を調整するのにはそこそこの専門知識・技術が必要になる為、そこそこの専門知識や技術がなければ専門店に持って行って、やってもらわないといけない

このようにダウンサスと車高調のメリット・デメリットを記載しましたが、どちらにするかよく考えてから交換してください。

簡単な判断基準

・できるだけ安価に車高を下げたいならダウンサス

・自分の愛車の車高を好みの下げ位置、硬さなど選びたいなら車高調

車高調の人気ブランド

車高調の人気ブランドですが、みなさん1度は耳にした事があると思うのが、「TEIN」です。(緑色のバネは見た事があると思います。)

TEINの設立は1985年2月。設立当初は完全受注でショックアブソーバを製作していたのですが、1990年からはテインオリジナルブランドで製品の製造・販売を開始するようになり、1995年に一般車でもサスペンションを自由に交換できるよう規制緩和が行なわれると需要が一挙に高くなり、アフターパーツメーカーでは日本を代表する企業へと成長したのがTEINの歴史です!

ちなみに社名の「TEIN」は最新の技術で最高の製品をリリースしていくというポリシーから、TECHNICAL INNOVATION(テクニカル・イノベーション/技術革新)のそれぞれの頭2文字を組み合わせ、『TEIN』と命名されているそうです。

昔は車高調と言ったら、スポーツカーにしか無かったですが、最近はミニバンや軽自動車まで幅広く販売されているので、いろんな車種で車高調が買えるようになりましたね。

またサスペンションだとドイツの「ビルシュタイン」が有名ですが、私は車高調でビルシュタイン製は聞いた事がないので、もし車高調をいれるならTEINやHKS、BLITZ等がオススメですね。私が思うに足回りは車にとって凄い重要な部分なので、やるならケチらずにちゃんとした物をいれないと大惨事になりかねないですよ。

最近ではTEINの偽物(中国のコピー商品)等があるようなので、一流メーカーの安物があると思って購入しないようにしましょう。私が聞いた話では、このTEINの偽物は外見は本物そっくりですが、質がかなり酷いらしい。バネの強度が恐ろしく悪くて、使っているとバネの部分がポキっと折れるそうです。

この症状が走行中に起きたらと思うと怖くてつけられないですよね?ですので車高調をいれるなら、ちゃんとした正規品をちゃんとしたお店でつけましょう。

TEINから車高の調整のやり方が動画で出ていたので載せておきます。ご自分でやられる方は是非参考になさってください。

車高の調整方法(全長調整式車高調の場合)

車高の調整方法(ネジ式車高調の場合)

まとめ!

車高調を入れるメリット・デメリットはありますが、私の考えでは、自分の車をどう走らせたいのかで、車高調を入れる、入れないを決めたらいいと思います。普段使いで普通に使うだけならノーマルで充分ですし、結構ハードにコーナー攻めたり、走り屋さんみたいな事するなら、入れたらいいと思います。

先程も書きましたが、入れるならちゃんとした物を入れて、ガンガン攻めた走りを楽しんでください。(もちろん他人に迷惑をかけないようにですが…)

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。

前回の記事のご紹介!

https://yumeyonrin.com/%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc-nd-%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%ef%bc%81/