ロードスターNBにエアロパーツは必要?

まだまだ根強い人気のあるロードスターNB。今回はロードスターNBのエアロパーツについてと、エアロパーツと言っても色々な形の物があり、それぞれ好き嫌いがわかれるものです。個人的に見てこれはカッコいいぞ!と思うものやそもそもエアロパーツってなんぞやみたいな事等を書いていきますので、暇潰し程度に読んでみてください。

エアロパーツってなんぞや?

まずエアロパーツとは?ですが、以前も書きましたが「Aero Parts」と英語でも書くように空気力学的に考案された自動車部品を指してます。
大きく分けると、レーシングカーに使用されるパーツと一般車のドレスアップ用に使用されるパーツがあるのですが、主に走行中に生じる空気抵抗の減少や、運転を快適にしていくことが目的で装着されます。

またパーツによっては、最初から付いている物の形状を変えたものや、新しく装着するパーツがあります。
例としては車のバンパーの形状を変えた「フロントスポイラー」や、ドアミラーの形状を変えた「エアロミラー」、後付けパーツとして「GTウイング」や「カナード」など様々な種類のエアロパーツがあります。

また空気抵抗だけではなくエンジンやブレーキの冷却目的もあります。

ドレスアップ用エアロパーツとは?

エアロパーツにはレース用に開発されたものの他に、乗用車のドレスアップ用に開発されたエアロパーツがあります。
機能面に特化したというよりは見た目重視に作製されたものが多いですよね。
ディーラーでも純正オプションとしてエアロパーツがあるように、愛車を自分好みに開発しお気に入りの一台にしたいという需要があります。

簡単なもので形状の加工が必要ないポン付け対応のものから、本格的なパーツを自作する方も少なくありませんね。

またよく聞く、フルエアロとは?フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーの三点を指してます。フルエアロ装着車は何もついてない物とはガラッと印象が変わりますので、着けるなら全部着けたいですよね?(かなり費用がかかりますが)

ドレスアップ用のエアロパーツの多くは、レース用のように空気抵抗など物理的な要素から設計するというよりは見た目重視で設計されていて、走行においての機能面ではそれほど大きく変わるものは少ないと思いますよ。

でも、中には実際のレースから情報や結果をフィードバックしてエアロパーツを製作しているメーカーもあるようなので、一概にエアロ着けている車は見た目重視とは言い難いですけど…

また、ドレスアップ用のエアロパーツには目を引くようなデザインの物も多いですが、しっかり走行時にかかる外力等の計算がされていないものをむやみに使用すると、燃費が下がったり思わぬ事故につながる可能性があるため注意が必要ですね。

ちなみにエアロパーツはフルで装着すると「まじかっ」と言う金額になりますので、お気をつけください。

エアロパーツ代に塗装代に取り付け工賃代などなどがかかる為、以外に馬鹿にならない金額になりますよ。

あと余談ですが、私の友達は昔ですが、自分の車にエアロパーツ(GTウイングのでかい奴)を着けたら、重すぎてトランクが開かなくなって、開ける際は凄い苦労したし、最後の方はウイング取り付け部分が甘くなってきて、最終的には家から車を出す際に転がってとれて、当然ですがトランクは傷とヘコミが出来たと笑ってましたが…

ですのでエアロパーツを取り付けたら、ちゃんと着いてるか位は確認しましょう!走行時の振動とかでボルト類は緩む事もありますし、エアロパーツなんかをパテとかで接着している場合なんかでも、経年劣化などでヒビとか接着部が剥がれたりとか考えられるので…

外れて後続車や歩行者なんかに当たったら大変ですので、最低限自分で出来る事はやりましょう。

以前も私のブログでエアロパーツについて書いたと思いますが、そもそもエアロパーツってと言うところから書きます。

エアロメーカーはたくさんある!

私は先程も書いたように自分の車にエアロパーツをつける気もないし、そこまで車にかけるお金も無いですが、このブログを読んでくださってる方で、ロードスターNBにエアロパーツをつけようと思っている方、エアロメーカーは沢山ありますし、形や価格もだいぶ違うので、いろいろとご自身で見て、気にいった物を購入してください。

正直フルで付けるとなると価格が安い物でもそれなりに値が張るので、よく考えてから購入しましょう!

前回のブログでも書きましたが、奥様がいらっしゃる方は必ずご相談して、了承してもらってからにした方がいいですよ。

結構お金がかかる物ですから、相談無しで購入して後で大ゲンカとかよく聞く話ですし、奥様とケンカしてあとあと気まずくなっても困るので…

エアロパーツのメリット・デメリットは?

エアロパーツのメリット

高速走行時にダウンフォースが得られ、走行を安定させることができます。直進だけでなく、コーナリングや高速からの急減速の際にも効果があります。

車種に適合した性能を重視したエアロパーツは、最高速度が上がったり、高速走行時の燃費の改善にも効果が期待できると言えますが、エアロパーツはデザイン性を考慮した物が多いため、装着することで車がスポーティなイメージになったり高級そうに見えたりという、ドレスアップ効果も得られます。

エアロパーツのデメリット

エアロパーツは、おおよそ80~100キロ以上の速度で走行しないと効果が現れないものです。そのため、普通に街中を走っているだけでは空力的な効果はほぼ感じられないと思います。

ドレスアップ効果を考えたエアロパーツには、空気抵抗を増してしまうだけの物もある為、その場合は加速、燃費に悪影響を及ぼすことになることも!装着の仕方が完全でないと、脱落や車体の破損につながることもあるので注意が必要ですよ。

よくサーキットへ行く人や、日常的に高速道路を利用する人には、エアロパーツは非常に役立つパーツですが、しかし、一般道の利用がほとんどという人にとっては、空力的なメリットはほとんど感じることができないと思われる為、ドレスアップのパーツと考えた方が良いでしょうね。

ロードスターNBにエアロパーツをつけたらこんな感じになりますよ!

 

エアロをつけたロードスターはどうですか?カッコイイですよね?

みなさんのロードスターNBもエアロつけてカッコ良く走っちゃってください。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。前回の記事のご紹介ですので、是非読んでみてください。

ロードスターNBのおすすめホイールは?