ポルシェ911・964型タルガはあまりないのか?

ポルシェ911・964型タルガは今となっては希少車&高額車両です。購入したいと思っても、良い状態のポルシェ911・964型タルガはかなりの高額車になる事は言うまでもありません。今回はそんなポルシェ911・964型タルガについて、色々書いていきたいと思います。

タルガトップとは?


上記の画像のように頭上のルーフ部分だけ取り外しできるタイプがタルガトップ。

タルガトップとはオープンカーの中でも頭上部分のルーフだけが取り外しできるタイプです。
なんでもイタリアのレースで過去にポルシェ911が5連覇した車に『タルガ』と初めて名付けたそうで、このタルガと言う名称はポルシェ社が商標登録しているそうです。

ちなみに他社でもこのような形状の車はありますが、タルガトップと言う名称は使っていないはずです。
ホンダのS660なんかも同じ形状ですが、ホンダのS660はロールトップとか言う名称だったような…

ポルシェ911・964型のタルガの中古車は数が少ない

ポルシェ911・964型の中古車はもうかなりの高額車です。前回の僕のブログでもポルシェ911 964カレラ4についてと現在の中古車市場での価値。と言う記事を書きましたが、そもそも数が普通の車に比べると極端に少ないし、価格もいくらすんだかわからない車がほとんどです。(要相談となっている車が多い)

前回の僕のブログでも書いたように、海外でも人気のあるポルシェ911・964型ですから、あったとしても、いくらなら売ってくれるのやら…

ポルシェ911・964型タルガの生産台数

↑上記の画像は横浜の中古車屋さんのエヌドライブさんが販売しているポルシェ911・964型カレラ2タルガの画像です。

前回の僕のブログでもご紹介しましたが、今回もポルシェ911・964型の生産台数が載っている画像を貼りたいと思います。

ちなみに下記の画像は世田谷の中古車屋さんの「プレステージ」さんのサイトの物です。↓

ご覧のように上から3番目がタルガの生産台数ですが、この表を見てみると2928台しかありません。

カレラ2とカレラ4合わせて、これしか生産されてないようですので、かなり少ないのがわかります。

内訳まではわかりませんが、カレラ4のタルガの方が生産台数は少ないと思います。

カレラ4のタルガなんて言ったら、中古車で探すのは、ほぼ厳しいのではないでしょうか?

タルガがダメならカブリオレ

上記の生産台数の画像をご覧頂けたらわかるように、タルガは生産台数じたいが少ないですよね。

ポルシェ911・964型のオープンカーじゃなきゃイヤだ!と言う方はタルガではなく、カブリオレにしてみてはどうでしょうか?

タルガの生産台数2928台に対してカブリオレの生産台数になると14349台と圧倒的な数の生産台数になってます。

そうなると中古車市場に出回っている数もかなり増えて、探しやすいのではないでしょうか?
ですがタルガと同じく、価格はアホみたいに高いのは変わりないと思いますが…タルガよりかは見つかると思います。

まとめ

ポルシェ911・964型タルガについてざっくりとした事を書いてみましたがいかがでしたか?
古い型のポルシェは、僕にはかなりの高額車両ですので、購入するなんて無理な価格です。

ましてや維持費や修理費なんて言ったら、いくらかかるんだか考えただけでも怖くなります。

この型のポルシェが欲しいと言う方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、でもなかなか手の届く金額ではないですし、維持、管理するとなるとかなりの出費になる事は間違いないので、現実を考えたらおすすめはしません。

経済的に余裕があるなら別にいいとは思いますが、僕はそこまでして欲しい1台にはならないと思います。(あくまでも個人的な意見ですので、気分を害された方はすいません。)
デザインとかカッコいいのはわかりますけども…
希少価値の高い車ですが、御購入は慎重に。

下記は関連記事ですのでお時間があったら、読んでやってください。
すぐに読み終えれますから…
ポルシェ911 964カレラ4についてと現在の中古車市場での価値。