ホンダCR-Vの安全装備はなかなか優秀です。

世間から結構酷評されているホンダCR-Vですが、なかなかどうして良い車なんです。
僕はCR−Vに乗っているからそう思うのかもしれませんが結構装備が良いんですよ。
そんなCR-Vの安全装備について今回書いていきますので、これを機会に是非CR-Vの良さをわかって頂けたらと思っておりまする。

CR-Vの安全装備はこんなのがある!

先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプ標準装備。

「誰もが事故に遭わない社会」をつくりたい。その想いでHondaは2003年には世界初の追突軽減ブレーキを実用化。その後も連綿と続いてきた研究が、この「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を生みました。検知が難しいとされてきた電波の反射率が低い「歩行者」までを検知する『ミリ波レーダー』。そして、車両前方の対象物体の大きさや形状を識別する『単眼カメラ』。この異なる特性を持つ2つのセンサーにより、安心・快適な運転を支援します。
引用元/ホンダCR-Vサイト

衝突軽減ブレーキ(CMBS)


この機能は前方の車両や歩行者を検知して、衝突のきけんがある場合に、ディスプレーにオレンジ色の警告サインが表示されます。
またブザーでもお知らせしてくれます。
緊急時は自動で強いブレーキをかけて、衝突回避や被害軽減もしてくれるそうです。
(僕は表示とブザーは鳴った事はありますが、緊急ブレーキがかかった事はまだないので、どんな感じでブレーキがかかるのか?などはわかりません。
緊急ブレーキなどかからないように安全運転しましょうね。)

誤発進抑制機能


自車両の前に障害物があるのに、アクセルペダルを踏み込んでしまった際に急発進を防止する装置です。
御高齢の方々がよく急発進してしまい、激突したなんてニュースが一時期よくTVなどで見ましたが、そんなのを防止する装置ですね。

歩行者事故低減ステアリング


時速約10km/h〜40km/hで走行中で車線を外れ、路側帯の歩行者と衝突しそうな時に音とディスプレーの表示で警告をしてくれて、ステアリング制御して回避操作を支援してくれる装置なんですが、車線を外れそうになると言う事は、よそ見していると言うことですので気をつけていればいいと言う事ですよね?

路外逸脱抑制機能


車線から外れそうな際にディスプレーに表示され、さらにステアリングが振動して警告してくれます。
また自車を車線内に戻すようにステアリングを抑制して、くれ、あまりにも車線逸脱量が大きいと予想される際は、ブレーキも使用されて
車線から逸脱しないように支援してくれます。
(ちなみに僕は朝が早い仕事でして、帰りとか眠い時などは、この装置が非常に役立ってます。
僕は先程気をつけていればと言っていながら、僕が一番あぶないですね…すいません…)

先行車発進お知らせ機能


この装置は非常に便利です。
皆さんは信号待ちなどの際に気が緩んで下を向いたり、ダメですけど携帯見たりした時に、後続車からクラクション鳴らされた経験が有るかと思います。
この装置は、信号待ちなどで前車が発進して、距離が少しあくと、警告音が鳴り、ディスプレーには『前者が発進しました。』と表示されて教えてくれます。
これは本当にいい機能ですよ。

オートハイビーム


前走車や対向車を検知してハイビーム/ロービームを自動で切り替えてくれます。
視界の確保に役立ちますし、自分で切り替える煩わしさが減ります。
あまりライトの切り替えとかやりたくないですもんね。
レバーをカチャカチャやるのが鬱陶しい時ってありませんか?

標識認識機能


走行中に道路標識を認識してディスプレーに表示してくれます。
速度制限や進入禁止、一旦停止などなどが表示されますので、運転者の注意も促されて、こちらもいい機能だと思います。

渋滞追従機能付きACC(アダクティブ・クルーズ・コントロール)


この機能は主に高速道路を走行時に使われる機能です。
前走車がいない場合は設定した車速を維持、前走車がいる場合は自動で車速を加減速をしてくれて、なおかつ適切な車間距離を保つように支援してくれる機能です。
高速道路で渋滞発生時などで前走車が減速して行って、停車してしまった場合も、それに合わせて 自車も停車してくれるそうです。
(僕はまだこの機能を使った事はないがかなり便利な機能だとは思います。)

LKAS(車線維持支援システム)


高速道路などで中、高速走行時に単眼カメラ
車線を捉えて車線の中央に沿って走れるようにステアリング操作をアシストしてくれます。
車線から外れそうな際は、ディスプレー表示とステアリング振動で注意を喚起してくれる機能です。
*この機能は時速65km/h以上で作動するそうです。
また運転者が意図的に車線から外れようとしているとシステムが判断した場合やステアリングからてを離している状態、ウインカーを作動させている場合は作動しませんとカタログには書いてありますので、 セットすればあとはOKと過信せずに運転者も注意が必要ですね。

渋滞追従機能付きACCとLKAS(車線維持支援システム)は高速道路で使う機能です。
何故かと言うと、これらの機能はブレーキを踏むと解除され、また設定しなおさないといけないからです。
下道では頻繁にブレーキ操作をしないといけないですから、その度に設定していたらキリがないので、下道ではほぼ使えないです。
最初、ホンダの営業マンに話を聞いた時に『下で使えんじゃね?』なんて思ったんですが、『下道じゃ信号あるし、しょっちゅうブレーキ操作するので使えませんよ!』ってあっさり言われてしまいました。

ですのでこの2つの機能は高速で使うものと考えていた方が…
逆に高速を普段使わない方には要らない機能になりますね。
引用元/ホンダCR−Vサイト

カタログの説明を御覧になりたい方は下記リンクで御確認ください。↓
安全運転支援システム ホンダセンシング説明

世間では酷評されているがCR−Vは予防安全性能評価で最高ランク車なんですよ!

CR−Vは2018年度 予防安全性能評価※で最高ランクの「ASV+++」を獲得。

CR-Vは夜間の歩行者認識性能を向上した衝突軽減ブレーキ<CMBS>などの安全運転支援システムを搭載することで、2018年度の予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV+++」を獲得しました。

■試験車両:EX(FF/5人乗り)

引用元/ホンダCR-Vサイト

予防安全性能評価とは?↓
予防安全評価の説明のサイト

ちなみにいくら安全装備がよくても運転しているのは自分ですので、安全装備があるからと過信せずに気をつけて運転してください。

僕も先日の台風時には一部安全機能が働かないと言う事例がおきました。
突然、走行時に警告音がなり、ディスプレーにこんな表示がでました。↓

CR-Vはフロントグリルのところにミリ波レーダーを出す箇所がありますが、そこが雨の水滴などで感知せず、このようにディスプレーに表示されました。
写真は停車時に撮ったものですが、こんな事もあるので、気をつけて運転しないとと思いました。

まとめ

今回はCR−Vの安全装備について書いてみました。
CR−Vはどのグレードでも安全装備もまた普通ならオプションでつけるような装備も標準装備されています。
車両の金額が高いだのと言われてはいますが、そう言った点を考えたら、なかなか妥当だと思うように僕はなってきました。

これはあくまで個人的意見ですが、1度でいいから乗ってもらいたいなぁとCR−Vに乗っている僕としては思っているところです。
いい車だと僕は思いますし、1度乗って頂けたら結構気に入ってもらえると思います。

安全装備やその他の装備も良いものが装備されていますので、皆さんも是非1度試乗してみてください。