ダイハツコペンセロをカスタムしてみましょー

前回の記事でコペンセロの中古車について書いていきましたが、今回はコペンセロをカスタムしませんか?みたいな記事を書いていきたいと思います。まぁ早い話がコペンセロをいじりませんか?と言う事なんです。車をいじるのに興味がない方でも、カスタム次第で車が数段かっこよくなる事だってありますので、この記事をきっかけに興味を持って頂けたら嬉しいです。

やはり最初はホイールから?

やはり最初にいじるのって言ったらホイールからですかね?てっとり早いし、変わったのが一目瞭然ですし、なんたってホイール交換は物さえあれば自分でできるし、時間もそんなにかからないですからね。

そうは言ってもまずはどんなホイールをつけたいか?になりますよね。

ホイールと言っても色々なタイプのホイールがあります。人気ブランドの物、価格が安い物、高い物、スポークタイプの物、メッシュタイプの物、ディッシュタイプの物、さまざまありますので、まずはどんなタイプのホイールが自分の好みなのかをある程度決めておいた方が探しやすいですね。

以前も私の記事のなかで書きましたが、フジコーポレーションでやっているフィッティングルームを利用して、コペンセロに合うホイールを探してみてるのはどうでしょうか?この機能は自分の車に好きなホイールを画面上で表示してくれるのでイメージがしやすいし、気に入らなければいくらでも変更できるので楽しいですよ。

また車高も画面上で上げ下げができるので、車高をさげてこのホイールをつけるとこんな感じになるとか言うのがわかるので、ホイール購入に失敗がないと思います。

お客さんに失敗させない為のこういったサービスを提供してくれるのは嬉しいですね。(注)決して私はフジコーポレーションのまわしもんではないです。(笑)

フジコーポレーションフィッティングルーム

あとホイール選びでお困りの方の為に楽天市場で人気のホイールブランド20位までをご紹介しますので、参考にしてみてください。

1. WORK
2. BBS
3. RAYS
4. BLEST
5. ENKEI
6. REDLINE crafts
7. HOT STAFF
8. マナレイスポーツ
9. CLIMATE
10. KYOHO
11. WEDS
12. YOKOHAMA WHEEL
13. MLJ
14. A-TECH
15. Advanti RACING
16. PIAA
17. 5 ZIGEN
18. Doall
19. 3SDM
20. O・Z

ちなみに楽天市場のデイリーホイールランキング等も参考にしてみてください。

楽天ホイールランキング

またホイール購入後はできたらロックナットも一緒に購入しませんか?(盗難防止の為に)せっかくいいホイール購入したのに盗まれたんて事になってしまったら、悲しすぎますからね。

ロックナットは普通のナットに比べたら結構高いですが、高額なホイールを盗まれるリスクは激減するので、それを考えたら安い買い物だと思いますよ。またロックナットにも安い物、高い物があるので、どのタイプのロックナットにするのか決めてくださいね。(ちなみに画像のようにナットの上っ面が彫ってあるタイプのロックナットは価格が高い物です。)

カスタムだって色々ある。

まずカスタムするにしても、どんな感じにしたいか、どこから手をつけていくのかですよね。走行性能を変えたいのか、それとも内装を自分好みに変えていくのか、はたまた外装にエアロパーツをつけて雰囲気変えたいとかなのか、カスタムと言っても色々あります。

まずご自身のコペンセロをどうしていきたいか、そしてどこから優先的にやっていくのかを決めてからカスタムしていきましょう。

私の経験上(たいした経験ではないですが)あっちもやりながらこっちもみたいな事はやめた方がいいですよ。業者さんにお金払って全部やってもらうならまだしも、ご自身でやる場合はあっちもこっちもと同時進行的にやっていくと、結局どちらも面倒になり、中途半端に終わらすパターンに陥りやすいからと言うのが理由です。

また、どちらかに重点がいってしまい、片方が中途半端になる事もあるので、ここを先にやって、終わったら次はここみたいな感じの方がいいと思います。(あくまで参考までに)

ですので、まずはここから手をつけると決めてからいじるようにしていった方がいいと思います。

まぁご自身で手をつけるにしても、肝心のパーツが無いと何もできないので、まずはパーツを探すところから始めないといけませんね。では早速パーツを楽しんで探してみましょう。

楽天 コペンセロパーツページ

やろうと思えば、どんな仕様にだってできるもんさ

ご自身がどんな仕様にしたいのかわかりませんが、やろうと思えば、どんな仕様にだってできる。(費用さえかければですが)例えばスピードをもっと出せるようにしたいとか、大音量で音楽をかけても音が割れないようにするだとか、悪路でも全然走れちゃうようなラリーカーみたいにしたいだとか、お金はそれ相応にかかるけど、それさえ何とかなればどんな仕様にだってできますよね。

たまたまこの前ネットで、コペンセロについて色々見ていたら、64馬力のコペンを色々とカスタムして200馬力まであげて、サーキットでポルシェとかとレースしてる動画を見つけてしまいました。

ドライバーの方の腕がいいのはもちろんなんでしょうが、軽スポーツカーがポルシェや普通車と対等にレースしてるのは面白かったですし、圧巻の走りでしたよ。(200馬力までにするんだから、エンジンとかもいじっているだろうし、そうなったらもはや軽スポーツカーとかって言わないのかも知れませんが。)

コペンレース動画

またコペンセロではなくxplayをハイリフト仕様にしている動画があって、パッと見て林道をガンガン走っていきそうな感じで、それも楽しそうでした。

動画はどちらも同じ方のでした。

コペンxplay

走行性能は正直どうでもいいから内装を自分好みに変えたいと思う方もいらっしゃると思います。そういった方は、楽天やらamazonやらでお気に入りのパーツを購入して、自分好みに変えていってください!

まとめ

一言でカスタムと言っても色々あるので、どんな仕様のコペンセロにしたいのか、やりたい仕様にするのに予算はどれだけかけれるのかで、大きく変わってきます。自分が車をカスタムするのに出せる金額をある程度決めておいて、徐々に変えていったらいいと思います。

また車はいじりだすと果てしなくお金がかかるので、ほどほどにしておきましょう。(お金に余裕のある方なら話は別ですが)

なにはともあれ何やるのでもそうだと思いますが、自分の車が変わっていくのを楽しみながらやっていくのがいいと思います。なんかかったるいなと思いながらやると、仕上がりも汚らしい感じになってしまうので。

車も気分もいっしんして楽しいカーライフを満喫できるといいですね。

今回も最後までお付き合いしてくださり、ありがとうございました。是非またお時間がある時にでも読んでやってください。

前回の記事を読んでいない方はこちらから

ダイハツコペンセロの中古車の相場は?