シボレーアストロのサイズと燃費と中古車価格

前回僕のブログでシボレーカプリスワゴンの記事を書きましたので、今回は同じシボレーでもアストロを取り上げます。この車も当時はかなり流行った車でした。現在のミニバンブームのさきがけと言ってもいい位に人気のあった車でした。いかんせんずうたいがデカイのと、燃費が良くないのですが、比較的運転もしやすいし、カッコいい車ですので、是非読んでみてください。

シボレーアストロとは?

シボレーアストロはアメリカのゼネラルモーターズ社のシボレーブランドのミニバン。
生産は2005年で終了してしまいましたが、当時の日本では大流行しました。
当時はシボレーアストロのカスタムカーに乗ってる人がたくさんいたんですよ。

だいたいエアロ、ローダウンと言った改造は今もそうですが、当時も鉄板の改造でしたね。
これだけの改造でむちゃくちゃカッコいいアストロになります。
もともとこの車はデザインは良いので、ノーマルでも良いと思いますけども…

シボレーアストロのボディーサイズは?

シボレーアストロのボディーサイズ

全長 4805mm
全幅 1960mm
全高 1930mm
となっています。
ちなみにボディーサイズ以外のスッペクは
ホイールベース 2820mm
車両重量 2020kg
最高出力 193ps(142kw)/4400rpm
最大トルク 34.6kg・m(339N・m)/2800rpm
総排気量 4295cc
燃料タンクの容量 101ℓ
駆動方式 FR

シボレーアストロの燃費

上記の画像はアストロの燃費です。『みんカラ』でのアストロユーザーさん達が投稿した燃費をグラフ化した物になります。これを見てみると『平均6km弱』のようです。
単純計算ですが、シボレーアストロは燃料が101ℓ入るので600kmちょいは走ることになります。
ただ1回満タンにするとかなりの出費になります。今のガソリン価格で計算しますと、1ℓが¥134と仮定して、¥134×101ℓ=¥13,534と全然お財布に優しくないです。

まぁ〜アメ車に乗ると言う事はその辺は覚悟しないといけないのかもしれませんが…
それにしても金がかかりますよね(笑)

僕にはぜったいに無理です。
こんなに金のかかる車をもしも所有していたなら、車に住むしかなくなりますよ。
そうなると住所不定のおっさんになりますが…
気持ち悪っ!
車の為にそこまでできないので僕にはシボレーアストロを所有する事は無理です。

シボレーアストロの自動車税

シボレーアストロは排気量が4.3ℓですので、毎年¥76,500ですが、初年度登録から13年以上経過していますので、15%重課税されてしまいます。
ですから15%重課税された金額は¥87,900となり、これを毎年の自動車税として支払わなくてはいけないわけですから、かなり厳しいですよね。
自動車税についてもっと知りたい方は下記に自動車税のサイトを貼りますので、そちらをご覧くださいな。⤵︎
車の税金.com

シボレーアストロの中古車の価格帯


今となってはもう中古車でしか購入できないのですが、では中古車の価格は幾らぐらいなのかを調べてみたいと思います。

今回も中古車情報誌の『カーセンサー』を使って調べてみました。
シボレーアストロの中古車の平均価格は¥73.5万だそうです。(あくまで平均の価格)
当然ですが中古車なので、年式やグレード、走行距離、その他のオプション(エアロパーツの有無等)で価格は全然かわりますけども、だいたいこんな感じでした。

あとちなみにですが『カーセンサー』でのアストロの中古車掲載台数は177台でしたよ。

興味のある方は是非下記のカーセンサーのサイトをご覧になってみて〜!
『カーセンサー』シボレーアストロ中古車

まとめ

シボレーアストロについて書いてみましたがいかがでしたかね?
とてもカッコいい車だと思いますが、皆さんはどう思われますか?
はっきり言って維持費がハンパなくかかると思いますが、それをクリアできる方でしたら、楽しめて、人もたくさん乗せられ、荷物も積めるカッコいい車はそうそうないと思います。

お金に余裕のある方、アウトドアが大好きな方、たくさん人を乗せる頻度が高い方などは是非シボレーアストロを検討してみては?
この車は結構楽しめると僕は思いますよ〜。