コペンセロにエアロパーツをつけませんか?

みなさん自分の車にエアロパーツってつけてらっしゃいますか?私も自分の車にスポイラーはついてます。(純正でついている物ですが。)エアロパーツは最近標準でも部分的についている車両もあるくらいです。またディーラーでも自社製品(子会社)のエアロパーツを取り扱っています。なので今回はコペンセロのエアロパーツについて書いていきます。

エアロパーツって何?

【エアロパーツの説明】

まずエアロパーツとは、「Aero Parts」と英語でも書くように空気力学的に考案された自動車部品の事を言います。
大きく分けると、レーシングカーに使用されるパーツと一般車のドレスアップ用に使用されるパーツがあります。

主に走行中に生じる空気抵抗の減少、運転を快適にしていくことが目的で開発・装着されます。
またパーツによっては、最初から付いているものの形状を変えたものや新しく装着するパーツがあるのですが、例としては車のバンパーの形状を変えた「フロントスポイラー」や、ドアミラーの形状を変えた「エアロミラー」、後付けパーツとして「GTウイング」や「カナード」など様々な種類のエアロパーツがあります。

また空気抵抗だけではなくエンジンやブレーキの冷却目的や車体の汚れを防止する機能もあるので、自分の使用用途に合わせて着脱できるところはエアロパーツのいいところでもありますね。(しかーし1度つけたらはずすのは大変です。)

あとエアロパーツにはレース用に開発されたものの他に、乗用車のドレスアップ用に開発されたエアロパーツがありますが、機能面に特化したというよりは見た目重視に作製されたものが多いですよね。
ディーラーでも純正オプションとしてエアロパーツがあるように、愛車を自分好みにしてお気に入りの一台にしたいという需要があります。

簡単なもので形状の加工が必要ないポン付け対応のものから、本格的なパーツを自作する方も少なくありませんね。

またよく聞く、フルエアロとは?フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラーの三点を指しています。フルエアロ装着車は何もついてない物とはガラッと印象が変わりますので、着けるなら全部着けたいですよね?(かなり費用がかかりますが)

ドレスアップ用のエアロパーツの多くは、レース用のように空気抵抗など物理的な要素から設計するというよりは見た目重視で設計されていて、走行においての機能面ではそれほど大きく変わるものは少ないと思いますよ。

でも、中には実際のレースから情報や結果をフィードバックしてエアロパーツを製作しているメーカーもあるようなので、一概にエアロ着けている車は見た目重視とは言い難いですけど…

また、ドレスアップ用のエアロパーツには目を引くような派手なデザインの物も多いですが、しっかり走行時にかかる外力等の計算がされていないものをむやみに使用すると、燃費が下がったり思わぬ事故につながる可能性があるため注意が必要ですね。

ちなみにエアロパーツはフルで装着すると「まじかっ」と言う金額になりますので、お気をつけください。

エアロパーツ代に塗装代に取り付け工賃代などなどがかかる為、以外に馬鹿にならない金額になりますよ。

コペンセロのエアロパーツいくら位すんの?

コペンセロのエアロパーツを調べていたのですが、販売しているメーカーがなくはないのですが、まぁ少ないこと少ないこと!「なんで〜」と一人で突っ込んでましたよ。

D-SPORTさんと言うメーカーから販売されていましたが、価格などはD-SPORTさんのHPから確認してみてください。

D-SPORTコペンセロ用エアロパーツ!

またyahooショッピングではD-SPORTさん以外のメーカーのエアロパーツを販売していましたよ。そちらのリンクも貼り付けておきますので、気にいったエアロパーツがもしかしたらみつかるかもです。

また塗装済みの物と未塗装の物があるので、もし購入する際は間違えないように。ネットあるあるになりますが、よく見ないで購入してしまうと、自分の手元ににきた時に違うの頼んでいたとかよくあるので、よ〜く確認をしてくださいね。エアロパーツは安くはないので。

yahooショッピング コペンセロ エアロパーツ!

エアロパーツのメリット・デメリットは?

エアロパーツのメリット

高速走行時にダウンフォースが得られ、走行を安定させることができます。直進だけでなく、コーナリングや高速からの急減速の際にも効果があります。

車種に適合した性能を重視したエアロパーツは、最高速度が上がったり、高速走行時の燃費の改善にも効果が期待できると言えますが、エアロパーツはデザイン性を考慮した物が多いため、装着することで車がスポーティなイメージになったり高級そうに見えたりという、ドレスアップ効果も得られます。

エアロパーツのデメリット

エアロパーツは、おおよそ80~100キロ以上の速度で走行しないと効果が現れないものです。そのため、普通に街中を走っているだけでは空力的な効果はほぼ感じられないと思います。

ドレスアップ効果を考えたエアロパーツには、空気抵抗を増してしまうだけの物もある為、その場合は加速、燃費に悪影響を及ぼすことになることも!装着の仕方が完全でないと、脱落や車体の破損につながることもあるので注意が必要ですよ。

よくサーキットへ行く人や、日常的に高速道路を利用する人には、エアロパーツは非常に役立つパーツですが、しかし、一般道の利用がほとんどという人にとっては、空力的なメリットはほとんど感じることができないと思われる為、ドレスアップのパーツと考えた方が良いでしょうね。

まとめ

エアロパーツは組むとなると結構お金がかかるので、先程も書きましたがメリット・デメリットをよくよく考えてから組んだ方がいいと思いますよ。組んでから「う〜ん」と悩みそうだなと思うなら、エアロパーツを組むのはやめた方がいいですね。

私の考えですがエアロパーツはほとんどみてくれが良くなるくらいしか効果がないと思っていますので、みてくれを良くするのに、フルで組むとなったら確実に¥200,000以上はかかると思われます。

お金に余裕がある方なら別に問題ないかもしれませんが、普通の人なら大金ですし、たぶん奥さんがいらっしゃる方なら、話しただけで確実に怒られると思います。

女の人は車に金をかける男の人の気持ちはわからないですからね。(笑)

ですから奥さんがいらっしゃる方は、頑張って説得してから、エアロパーツを組むようにしてくださいね。じゃないと後からねちねち言われて、さらに私にもなんか買え的な事になりかねませんよ。そうなったらエアロがスゲ〜高くつきますね。自分の自己満で家庭が壊れないようにしてくださいね。

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。前回の記事をまだ見てない方はこのよう機会に是非読んでみてください。

ダイハツコペンセロをカスタムしてみましょー