コペンをポルシェ風にカスタムしてみませんか?

みなさんはご自身の車を遊び心溢れる車両にしたいと思いませんか?思わないですよね。何がよくてお金をかけてまで、そんな事をしなくちゃならないんだと思われると思います。実際に私も自分の車にそんな事でお金をかけられませんし、やったら嫁さんに殴られますね。でも世の中には車にお金をかける方がたくさんいらっしゃいます。そこで今回はコペンをポルシェ風にしたカスタムカーについて書いていきます。

カスタムカーの歴史

チューニングカーの作製例は国内ではモータリゼーション、スーパーカーブーム、富士グランチャンピオンレースの1970年代頃から市販車ベースに盛んになってきて、自動車専門誌への投稿、当時少数では在るもののショップへの依頼からのプライベートレース出走等によって広まり続けています。

腑分けとしてオーナーは街道レーサーや暴走族などから枝分かれします。サスペンションシステムの改変の一例をオーナー種別毎にみてみると、族車ユーザーの例として、見た目重視的なスタイルからか車高を極端に低くする方法としてサスペンションシステム中のスプリングを外す例があった。(いわゆるノーサス)

しかしこれでは車高が下がりスタイルが変わったとしても、トータルバランスが著しく崩れるなど機能的には改悪でもありました。また、見た目重視の改造など、タケヤリ、デッパなどを装着する車両が多いのもこの部類の特徴。

その他の特徴として、太いタイヤを履かせる為のブリスターフェンダーなどに見る鉄板叩き出し、音の為のタコ足、軽量フライホイール 、横出し直管などがあります。

外装系ではガラス繊維FRP製などを手本としていたが、ユーザー自身のワンオフによるものが主であって当時の保安基準を度外視した社外外装メーカーも存在する中で規制前に作成されたそれらを流用していた傾向もあり、デッパの断裂、および脱落防止のための吊り下げワイヤなど、実用性の方向性に向くのは、もっと軽く強い素材が台頭し、コストダウンされた後ですが当時は町工場などで作成されるため苦労していた模様です。

街道レーサー、向けセッティングとしては社外海外製強化ショックの導入、スプリング長を短くした上でのバネ定数アップやブッシュ類の強化、タワーバー導入によるホイールアライメント変化の抑制、車体の低重心化というバランスを保つ方向性から、車のコーナリング特性を含む運動性能を向上させようとする節があって、プライベートレース出走を考慮に入れた構成になっています。

また、車体のバランスを考えたエアロパーツを社外品、または純正品フル装備で装着したり、日本国内レース仕様をオーバーラップさせる改造を行うユーザーが街道レーサーには多くて、外車ユーザーが外観だけ純正仕様とする傾向が強い。

だけどメーカー純正リリース時点で運輸省、警察の圧力による死亡事故撲滅の為か環境対策の為かわかりませんが、メーカーがパワーを自己規制する時代となると、その後ターボ車が台頭してくるまで市販車ベースのワークスレース活動を縮小していたオイルショックの影響下における時代。

そう言う時代に旧車でのノウハウを積んで来た方達も数多く存在していたようです。その中で個人ユーザー向けで中心となった当時のチューンの要素として、日本の自動車メーカーの空燃技術はキャブレータ車のNAオンリーの時期でもあって、空燃比の効率化を目的としたフィルター取り外しや圧縮空気導入(ラム・エアー)などを模索していました。

次に点火システムのCDI化でありますが、当初はデスビという、イグニッションコイルから来た昇圧電流を気筒の本数分ある点火プラグへ機械的に振り分ける部品を電子化することで点火の確実性をあげて、メンテナンス周期を伸ばし、燃費を向上させる後付け用品の装着が多かった模様。

特に旧車などへはメジャーと言って良いほど装着例は多粋に渡ります。この頃では、ボアアップ系の話題はレストアのジャンルから引っ張ってきた技術では在るが、日本では車検を通すことが困難なため、アメリカなどから雑誌等で来る話題程度にアンダーグラウンドに知られていた程度です。

特に1970年代後期~1980年代時の道路交通法では、スプリングを抜くことはもちろん、交換でさえも申請なしでは違法行為であったために、一個人が手を加えると車検(継続検査)を通すのは困難だったようです。

この頃神社で販売されている貼り付け形の交通安全お守りの反射板があるという理由で車検落ちすることがあったり、KPGC10スカイライン(ハコスカ)GT-Rの標準装備であるオーバーフェンダーでさえ注意されることもあったとか。

本来、マル改車検と言われる改造自動車申請をすれば合法となったものの、この申請には専門的知識を要したようです。例えばサスペンションやシャーシ形式の変更等は耐久検査も含むため、もう1セット作成しておいて、図面も提出しなければならなかったとか。ごく普通の個人オーナーがワンオフとして行うには困難ですね。その厳しさなので、申請をパスできる車はごく一握りしか存在していなかったようです。

遊び心溢れるカスタムカー

コペンをポルシェ風にしたカスタムカーが中古車屋さんで売られていたら、貴方は購入したいと思いますか?私はお金に余裕があるなら買ってもいいかなと思います。(実際は超がつく程の貧乏野郎なので購入なんてできませんが。)そんな車が販売されてんのかなぁ〜と思ってしまい、買えもしないのに探していたら売ってましたよ〜。

しかも結構カッコいいじゃないですか。実際これなら買ってみたいと思うレベルの車ですよ。みなさんにも見てもらいたいので、カーセンサーのコペンのポルシェ風のページを貼りますので、是非見てください。

カーセンサー ポルシェ風コペン

画像を貼りますが詳しい事はリンクを貼ってあるところから見てくださいね。

かなりカッコよくないですか?本物のポルシェには勝てませんが、これはなかなかのできですよね?

後ろから見た画像。

こちらは内装ですが、なんか目が痛くなりそうですね。

こちらがエンジン。エンジンもいじってるようですね。

貴方なら出来上がってるカスタムカーを買いますか?ノーマルからカスタムカーに仕上げていきますか?

貴方はカスタムカーを購入するのに、はなから出来上がっている物を買いますか?それともノーマルの状態の物を1からカスタムしていきますか?どちらもいい、悪いがあると思います。

最初から出来上がっているカスタムカーは購入してすぐにもう出来上がっている状態ですから、いきなり楽しめますし安くあがる。

1から仕上げる場合は全部を自分好みに出来るが、費用と時間がかかるので、出来上がるまでが長い。あなたはどちらがいいですか?

どちらも長所と短所があるので、コペンを購入する予定で、しかもカスタムする場合はよく考えてから購入してくださいね。後であ〜しとけばよかったと後悔しないように!

PORSCHE 356 SPEEDSTER風コペン(ちなみに、こちらは¥2,160,000〜だそうです。)

まとめ

今回の記事はコペンをこんな遊び心溢れるカスタムもできると言う記事でしたが、いかがでしたか?車は費用と時間さえかけられたら、貴方好みになると言ういい例です。

別にポルシェ風にしなくても貴方好みのコペンにして楽しく車に乗っていただければそれでいいのですが…また、前回の記事でもコペンをカスタムしてくれるショップを紹介しているので、カスタムカーに興味がある方は是非前回の記事も読んでみてください。

私も自分で書いていて、カスタムカーの魅力を再確認する事ができましたし、お小遣いを少しづつ貯めて自分の車をカスタムしていきたいなと思います。(もちろん嫁の許可をとらないとダメですが…)

今回も最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。下記の記事が前回の記事ですので、読んでみてください。

コペンをカスタムしてくれるショップ探してませんか?